不要になったカメラは買取りしてもらおう

ャンク品、付属品のないカメラを売る方法について

高く売れるのは

どうせなら高く売れてほしいと考えるのは誰でも同じだと思いますが、やはりジャンク品や付属品のないカメラだと売値は安くなります。これは考えてみれば当然ですが、ジャンク品だとそもそも壊れていることを前提として買い取られることが多いですし、お店としても値を付けることができません。そのため、ジャンク品の買取をしているお店でもどうしても売値は安くなってしまう傾向にあるのです。また、付属品の有無についても同様で、基本的にカメラを高く売りたいのならすべての付属品を揃えて査定を受けるべきです。

カメラの箱や説明書、その他ケーブルといった付属品があるのとないのとでは査定額に大きく関わってきます。箱や説明書などがボロボロの状態でも、あるのとないのとでは売値に大きな影響を与えてしまうのです。付属品がなくても買い取ってもらうことはできますが、高く売るということを考えた場合だと付属品はすべて揃えておいたほうが良いでしょう。次から次にカメラを買い替えているような方は特に、購入したときは付属品をきちんと揃えて管理することをおススメします。実際にどの程度査定額に影響を及ぼすかはお店によって異なりますが、場合によってはかなりの差額になることもあります。

次ページ⇒キレイにしておくこと