不要になったカメラは買取りしてもらおう

ャンク品、付属品のないカメラを売る方法について

キレイにしておくこと

カメラを綺麗にジャンク品や付属品のないカメラを少しでも高く買い取ってほしいと考えるのなら、査定に持ち込む前に最低限クリーニングはしておくべきでしょう。買取店だと査定後に買取りしてからクリーニングやメンテナンスも行うと思いますが、やはり見た目の印象は大切です。きれいな状態で持ち込まれたカメラだとそれだけで査定スタッフに良い印象を与えることができますし、査定金額にも多少なりとも影響を与えるでしょう。「どうせお店でキレイにするから」と開き直って汚れた状態で持ち込むと査定額も低くなってしまう可能性があります。

傷がついている分には仕方ありませんが、ちょっとクリーニングすればキレイになる状態もあると思います。このような状態だと少しでもキレイにして持ち込むことで査定額アップに繋げることができるでしょう。汚れたままの状態で持ち込んでしまうと大切にされていなかったカメラ、雑に扱われてきた機体だと思われてしまいますし、その時点で査定スタッフは安値をつけようと考えるかもしれません。お店によって査定基準はまちまちですから断言することはできませんが、見た目の印象が査定額に大きく関わってくるのはほぼ間違いないでしょう。できるだけキレイにして査定を受けてください。